データ活用(BI)、データ統合

企業を強くするデータ基盤を作ります

導入したBIシステム。定着化が進まず、システムやレポートが形骸化していませんか。三菱ケミカルシステムは、現場の定着化に重点を置いたBIシステムの導入をサポートします。利用者の業務内容、ソフトウェア操作レベル、役職や部門に関係なく、社員が自由に活用できるデータ情報共有基盤を構築します。社員全員が「改善」の気づきを得るデータ活用が現場に定着することで、企業全体のPDCAサイクルの推進を実現します。

企業を強くするデータ基盤を作ります

下記のような課題を解決します

  • レポートの固定化

    • ・いろいろな角度や切り口で分析したいが、固定化されたレポートでは限界がある。
    • ・アクションに繋げる「気づき」が表現されていない。
  • 属人化

    • ・レポートが作成できる一部のメンバしか利用していていない。(ライセンスの死蔵)
    • ・Excelやパワーポイントでのレポート作成。データ加工など、個人のスキルやニーズに依存している。
  • データの分散化/ばらつき

    • ・欲しいデータを、どこから取得すれば良いかがわからない。
    • ・データの書式、粒度、鮮度が整備されていない。

主な支援内容

BIシステムのワンストップサービス

せっかく導入したBIシステムをより活用いただくために、三菱ケミカルシステムはお客様のBIシステムをワンストップサービスでサポートします。BIシステムは、導入してからが非常に大切です。三菱ケミカルシステム、は、各種アフターサポートも承ります。これまでのような“専門家のためのBIシステム”ではなく、現場の方が身近に感じるBIシステムにするために、様々なフェーズで企業のデータ活用をご支援します。

BIシステム導入支援/BIソフトウェア移行支援

ご要望に応じたBIシステムを導入します。製品選定から導入、新規レポートデザインや既存レポートの移行はもちろん、エンドユーザー様へのトレーニングまで、ワンストップでご支援します。また、その後の運用保守サービスも承ります。また、昨今ニーズの高い、BIソフトウェアの移行をご支援します。現在利用されているレポートシステムを、QlikViewなど注目のBIシステムに移行します。DWHの再構成やレポートの再開発はもちろん、ユーザートレーニングもサポートします。ExcelレポートやAccessなどのBIシステム移行も承ります。

既存BIシステム再活用支援

以前導入したが定着化されていないBIソフトウェアの再活用をご支援します。定着化が進まない原因を導き出し、より見やすいレポートの策定、ユーザー教育の支援やマニュアルの再作成などご支援します。

データマネジメントコンサルティング(データ統合、データ整備)

BIシステム導入前の重要な検討事項。それは企業内にあるデータの品質チェックと整備です。データ品質が不足していては正しい結果が表示できません。データ型や書式の成型など、経営分析の源泉となるデータ基盤の構築をご支援します。

【記事掲載】
インフォマティカの「Informatica Data Integration Hub」を国内初導入データ連携インタフェースの開発生産性を22%向上 ~密結合から疎結合への転換で、複雑化したデータ連携を大幅にシンプル化~ 

お問い合わせ

製品サービスに関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ